エントリー

アルミ部品

  • 2019/11/12 09:11

968.JPG

光学系のパーツ2種です。

右上に写っているのは、光学系で押さえ環とよく呼んでいる、レンズを内部で押さえる為のリング状のネジです。

アルミ部品

  • 2019/11/07 09:24

967.JPG

写真手前に写っている凹みは、斜め方向に削られていて加工が難しくなるポイントですが、適した工作機械があれば、加工自体は問題ありません。

アルミ部品

  • 2019/11/01 09:38

966.JPG

先が尖った、コーン状のパーツです。

ステンレス部品

  • 2019/10/28 09:27

962.JPG

 

細長いシャフトです。外径ネジに穴が開いています。

ステンレス部品

  • 2019/10/18 08:39

963.JPG

材質はSUS303です。

外周はバフ磨き加工を行いました。鏡面ではありません。

普段は磨き加工全般、お引き受けしておりませんが、鏡面が不要で、仕上がりが特に必要無いようなパーツであれば、磨き加工をお引き受けしております。

詳しくはご依頼の際にご相談ください。

アルミ部品

  • 2019/10/15 09:34

961.JPG

延長フードなど、光学系の部品でよく製作させて頂いている形状のパーツです。

 

ステンレス部品

  • 2019/10/11 09:13

965.JPG

中央にあるネジはテーパーネジです。

サイズはRc1/8です。以前の呼称だとPT1/8です。

管用のテーパーネジ、平行ネジ共に、普段からよく加工しております。

ステンレス部品

  • 2019/10/09 10:48

960.JPG

2種類の形状のパーツを製作しました。

材質はSUS440Cです。焼入ができるステンレス素材として知られています。

 

写真はパイプ素材のように見えますが、丸棒材からの削り出しです。

アルミ部品

  • 2019/10/02 10:57

959.JPG

「足」のようなパーツです。

簡単そうに見える形状ですが、工夫が必要な、工程が掛かる形状の部品です。

ステンレス部品

  • 2019/09/26 08:20

957.JPG

内側に3つの溝が加工してあるパーツです。材質はSUS303です。

このような溝は、大昔は専用の機械が無いと加工が出来ませんでしたが、現在は、ワイヤーカット放電加工機を使用すれば、問題無く加工が出来ます。

ページ移動

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

過去ログ

Feed